【2024年】おすすめの電子タバコを紹介!初心者向けのデバイスとは!選び方や種類も徹底解説!

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

紙タバコや加熱式タバコの代替品として人気が高い電子タバコ(VAPE)ですが、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

『始めてみたいけど、種類が多く何を買えば良いか分からない・・・』という方に向けて、本記事ではおすすめの電子タバコのデバイスを紹介しています。

初めて購入する方に向けてデバイスの種類や選び方などもまとめているので、是非購入時の参考にして下さい。

本記事で分かること
・電子タバコの仕組み・メリット
・電子タバコの種類と特徴
・デバイスの選び方
・おすすめのデバイス
スポンサーリンク

電子タバコとは!仕組みやメリットを解説!

電子タバコの仕組み

電子タバコとはリキッドと呼ばれる液体を電気加熱し、発生した蒸気を吸引することで香りや味を楽しむ為のデバイスです。
違う呼び方ではベイプ(VAPE)とも呼ばれます。

電子タバコはデバイスをカスタマイズすることが可能で、煙の量や吸いごたえを自分好みに設定することが可能です。
使用するリキッドは多種多様なフレーバーが販売されており、自分に合った味わいを追求することができます。

また電子タバコは紙タバコや加熱式タバコ(iQOS・glo・Ploomなど)とは仕組みが違うだけでなく、ニコチン・タールが含まれていないとう特徴があります。

※海外の製品ではニコチン入りリキッドが販売されていますが、日本では法律によりニコチンが含まれたリキッドは販売禁止です。

電子タバコは基本的にニコチン・タールが0なので、非喫煙者の方からも人気が高いです。

電子タバコはリキッドと呼ばれるニコチンやタールが含まれていない液体を電気加熱し、発生した蒸気を吸引するという仕組みです!

電子タバコのメリットとは

次に電子タバコのメリットについて見ていきましょう。
ニコチン・タール0ということもあり、電子タバコには紙タバコと比べて下記のメリットがあります。

1.健康被害や臭いを抑えられる
2.禁煙時のサポートグッズとして使用できる
3.ランニングコストを抑えられる

各項目について細かく見ていきましょう。

1.健康被害や臭いを抑えられる

電子タバコのリキッドに含まれる主な成分は「プロピレングリコール植物性グリセリン」などで、ニコチン・タールなどの有害物質が含まれていません。

【補足】
プロピレングリコールや植物性グリセリンは、植物添加物として食品や化粧品に広く使用されている成分のこと

つまり電子タバコは紙タバコや加熱式タバコと比べて有害物質が少なく、健康面への被害や副流煙による二次被害を抑えることができます

またタールが含まれていないことでタバコ特有の嫌な臭いや着色汚れが起きにくいので、室内でも気軽に吸うことができるというメリットがあります。

電子タバコは健康面への被害を抑えられるだけでなく、室内でも気軽に吸えるというメリットがあります!

2.禁煙時のサポートグッズとして使用できる

電子タバコは基本的にニコチンが含まれていないので、紙タバコや加熱式タバコの禁煙を考えている方からも人気が高いです。

電子タバコの中には紙タバコ以上の爆煙が出るデバイスや吸いごたえが強いデバイスがあり、無理のない範囲で禁煙や減煙を進めることができます

電子タバコは基本的にノンニコチンなので禁煙時のサポートグッズとして使用可能です!

3.ランニングコストを抑えられる

※1日に紙巻きタバコ1箱分吸った場合のランニングコスト(紙巻きタバコは1箱600円として計算)

タバコ代は年々上がり続けており、紙タバコを1日に1箱ペースで吸う方であれば年間にかかるコストは約219,000円となります。
電子タバコは紙タバコと比べてランニングコストが非常に安く済むので、節約を検討している方にもオススメです。

電子タバコを吸う際に必要になるのは、初期費用としてデバイス本体、消耗品としてリキッド・コイルが挙げられます。

デバイス本体は製品によりますが相場は1,000円〜10,000円程度です。
リキッド・コイルにかかるランニングコストは1年間で約60,000円程度で、紙タバコと比べると10万円以上もの節約が可能です。

種類初期費用1年間のランニングコスト紙タバコと比べて何円お得か
紙タバコ0円1日1箱 × 365日
219,000円
加熱式タバコ 1,000円~10,000円程度1日1箱 × 365日
219,000円
電子タバコ(VAPE)1,000円~10,000円程度リキッド代 とコイル代を合わせて
60,000円
約16万円お得!
※紙タバコ・加熱式タバコは1箱の価格が600円として計算。

もちろん吸う頻度やデバイスによってランニングコストは変わりますが、電子タバコを使用することで大幅な節約を期待できます。

紙タバコや加熱式タバコと比べ、電子タバコは大幅にランニングコストを抑えることができます!

電子タバコの種類

次に電子タバコの本体の種類について見ていきましょう。
電子タバコは本体の構造によって下記の「ボックス型ペン型スティック型POD型」の4つに分けられます。

種類画像特徴
ボックス型本体は四角形の形で、大容量バッテリーが搭載されている。
機能性に優れており、細かな出力調整が可能。
ペン型本体はペンのように細く、携帯性に優れている。
複雑な操作は不要でベイプ初心者の方にもオススメ。
スティック型ペン型より更に細くスタイリッシュなデザインのものが多い。
使い捨てのものも多く、低価格で購入できる。
POD型ドリップチップ・タンク・コイルが一体となった「POD」と呼ばれるユニットパーツを本体につけて使用する。
コイル交換やリキッド充填などの面倒な作業が不要。

メンテナンスの有無や価格帯などが異なるので、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

ボックス型

ボックス型のメリット
・機能性が高く拡張性がある
・吸いごたえや煙量を細かく調整できる
・自分好みの味わいを追求できる
・コストパフォーマンスが高い
ボックス型のデメリット
・リキッドの補充やコイル交換などメンテナンスの手間がかかる

ボックス型のデバイスは四角形の形状が特徴的で、機能性に優れており吸いごたえや煙量を細かく設定することが可能です。

タンクにリキッドを自分で補充する必要がありますが、リキッドは様々なメーカーから販売されており自分好みの味わいを追求することができます。
また電子タバコの中でもランニングコストが安いという特徴があります。

デメリットとしてはリキッドの補充やコイルの交換などのメンテナンスが必要になることですが、本格的に電子タバコを楽しみたい方にはボックス型がおすすめです。

ボックス型の電子タバコはメンテナンスの手間がかかりますが機能性は非常に高いです!

→ボックス型デバイスを調べたい方はここをクリック!

ペン型

ペン型のメリット
・操作が簡単で初心者にも扱いやすい
・サイズが小さく持ち運びしやすい
・本体価格が安いものが多い
・リキッド漏れが起きにくい
・自分好みの味わいを追求できる
ペン型のデメリット
・リキッドの補充やコイル交換などメンテナンスの手間がかかる

ペン型のデバイスは細長い形状が特徴的で、サイズが小さいものが多く持ち運びに便利です。

ペン型はボックス型と同じくタンクにリキッドを補充して使用します。
リキッドを自分で補充するタイプの電子タバコはタンクからリキッドが漏れてしまうことがありますが、ペン型のデバイスは本体の構造上リキッド漏れが起きにくいというメリットがあります。

ボックス型と比べると本体価格が安いものが多く機能性は落ちますが、複雑な操作がないので初心者でも安心して使用することができます。

ペン型の電子タバコはサイズが小さく持ち運びに便利で、複雑な操作が必要なく初心者の方でも扱いやすいです!

→ペン型デバイスを調べたい方はここをクリック!

スティック型

スティック型のメリット
・複雑な操作やメンテナンスが一切不要
・サイズが小さく持ち運びしやすい
・本体価格が安いものが多い
・リキッド漏れが起きない
スティック型のデメリット
・本体1つで1種類の味しか楽しめない
・機能性が低い

スティック型のデバイスは細長い形状が特徴的で、本体を使い捨てるタイプのものが多いです。

使い捨てタイプのスティック型はリキッドの補充やコイル交換が不要で、使用後は本体をそのまま処分できるので手軽に楽しむことができます。
また値段が安いものが多く本体1つあたり1,000円以下で購入できるものもあるので、お試し感覚で購入しやすいです。

デメリットとしては、リキッドの交換ができず本体1つにつき1種類の味しか選べないということや、他の種類のデバイスと比べると機能性が低いということが挙げられます。

スティック型の電子タバコは本体を使い捨てるタイプのものが多く、複雑な操作やメンテナンスが一切不要とお試し感覚で購入できます!

→スティック型デバイスを調べたい方はここをクリック!

POD型

POD型のメリット
・リキッド補充やコイル交換が不要
・サイズが小さく持ち運びしやすい
・リキッド漏れが起きない
POD型のデメリット
・選べるリキッドのフレーバーがデバイスによって決まっている

POD型のデバイスはPODと呼ばれるカートリッジを使用することが特徴的で、リキッドの補充やコイル交換が不要です。

あらかじめリキッドが充填されたカートリッジの部分のみ使い捨てで使用するタイプのデバイスが多く、自分でリキッドを補充する手間がかかりません。
また煙量や吸いごたえを調整できるデバイスも多く、POD型のデバイスはボックス型の機能性とスティック型の利便性を兼ね備えています

デメリットとしては、デバイスによって対応しているカートリッジ(POD)が決まっているので、フレーバーの種類に限りがあることが挙げられます。

POD型の電子タバコは他の種類のデバイスの良いとこ取りの特徴を持っています!

→POD型デバイスを調べたい方はここをクリック!

デバイスの選び方!チェックしておきたい項目について!

初めて電子タバコを購入する方は何を基準に選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。
電子タバコのデバイスを選ぶときは次の4つのポイントを抑えておきましょう。

①デバイスの種類
②デバイスの機能
③操作性・使いやすさ
④バッテリー容量

それぞれの項目について細かく解説したいと思います。

①デバイスの種類

先ほど紹介したように電子タバコのデバイスは「ボックス型ペン型スティック型POD型」の4つに分けられます。
どのタイプのデバイスが自分の好みに合っているか確認しておきましょう。

デバイスの選び方
「機能性・カスタム性が高いものが良い」
「爆煙タイプのものを使ってみたい」

ボックス型のデバイスがオススメ!

「複雑な操作やメンテナンスが不要なものがいい」
「持ち運びしやすいサイズ感のものがいい」

ペン型のデバイスがオススメ!

「リキッドの補充が面倒・・・」
「メンテナンスの必要がないものを探している」

スティック型・POD型のデバイスがオススメ!

②デバイスの機能

電子タバコのデバイスには様々な機能が搭載されているものがあります。

特に電圧や電力を調整できる「出力調整機能」が搭載されているデバイスは、煙量や吸いごたえを細かく調整することが可能です。

出力調整機能とは
電圧や電力を調整できる機能で、煙量を細かく調整することが可能

機能性に優れたデバイスは値段が少し高くなりますが、「爆煙でベイプを楽しみたい!」といった方や「本格的に電子タバコを初めてみたい!」といった方は出力調整機能が搭載されているデバイスがおすすめです。

③操作性・使いやすさ

初めて電子タバコを購入する方は、デバイスの操作性やメンテナンスの必要性などを確認しておきましょう。

電子タバコ初心者の方で「まずはお試しで購入したい!」といった方は、メンテナンスやリキッドの補充が不要なデバイスがおすすめです。

使いやすさ重視の方は、オートパフ機能が搭載されていてボタン操作が一切不要なデバイスもおすすめです。

オートパフ機能とは
吸い始めると自動でデバイスの電源が入る機能

④バッテリー容量

デバイス本体のバッテリー容量についても確認しておきましょう。

特に「外出時に長時間持ち歩きたい!」と考えている方は、一度の充電で長時間使用できるバッテリー容量が大きいデバイスがおすすめです。
バッテリー容量の目安は下記の通りです。

バッテリー容量について
・〜1,500mAh
軽量なデバイスが多く、持ち運びしやすい

・1,500mAh~2,000mAh
バッテリー容量としては中程度で、一般的な使用で不便は感じない

・2,000mAh以上
大容量で外出時に長時間の使用が可能

おすすめデバイスを紹介!

次におすすめのデバイスを紹介したいと思います。
「初めて購入する方におすすめのデバイス」「機能性を重視したい方におすすめのデバイス」をそれぞれ順番に見ていきましょう。

初めて電子タバコを購入する方におすすめのデバイス

まずは操作が簡単で難しいメンテナンスなどが不要な初心者向けのデバイスを紹介したいと思います。
おすすめのデバイスが下記の通りです。

商品名画像レビュー種類本体価格出力調整バッテリー容量機能性持ち運びやすさ使いやすさ
Eonfineパワー調整機能搭載で煙量を細かく調整可能。
操作が簡単でベイプ初心者の方でも扱いやすい。
ボックス型4,300円可能2,600mAh4.03.54.5
NONNICO Alpha爆煙モード搭載で濃い煙と強い吸いごたえを楽しめる。
充電残量が分かるLEDライトも搭載されており機能性が高い。
POD型2,750円可能350mAh3.54.55.0
Aspire GOTEK PROリキッドチャージタイプとしても使用可能。
オートパフ機能搭載で操作が簡単。
POD型2,880円1,500mAh3.54.05.0
Air mist吸引回数が多くコスパが高い。
味が濃くフレーバーの風味をしっかり感じられる。
使い捨てタイプ2,200円3.04.55.0
Vapengin7500Vapenginシリーズの最新モデルで吸引回数が多い。
様々な味のフレーバーが販売されている。
使い捨てタイプ3,980円3.54.05.0

Eonfine

製品情報
【種類】  :ボックス型
【本体価格】:4,300円
【出力調整】:可能
【バッテリー容量】:2,600mAh


機能性    :4.0
持ち運びやすさ:3.5
使いやすさ  :4.5


『Eonfine』はボックス型のデバイスで、バッテリー容量が大きく機能性にも優れています。

『Eonfine』はボックス型のデバイスですが、操作が簡単なので電子タバコ初心者の方でも扱いやすいという特徴があります。
また出力調整機能が搭載されており爆煙も楽しめるので、「本格的に電子タバコを初めてみたい!」といった方にもオススメです。

デバイス本体の値段が安く手に取りやすいこともあって、通販サイトのランキングでも上位となっています。

NONNICO Alpha

製品情報
【種類】  :POD型
【本体価格】:2,750円
【出力調整】:可能
【バッテリー容量】:350mAh


機能性    :3.5
持ち運びやすさ:4.5
使いやすさ  :5.0


『NONNICO Alpha』はPOD型のデバイスで、あらかじめリキッドが充填されたカートリッジ(POD)を使用するのでコイル交換やリキッドの補充が不要です。

メンテナンスやボタン操作が一切不要なので、利便性が非常に高く扱いやすいという特徴があります。
また爆煙モードが搭載されているので、濃い煙と強い吸いごたえを味わえます。

交換用のカートリッジの値段も安くコスパが高いので、節約を考えている方にもオススメです。

Aspire GOTEK PRO

製品情報
【種類】  :POD型
【本体価格】:2,880円
【出力調整】:ー
【バッテリー容量】:1,500mAh


機能性    :3.5
持ち運びやすさ:4.0
使いやすさ  :5.0


『Aspire GOTEK PRO』はPOD型のデバイスとして使用可能ですが、ボックス型のように自分でリキッドを補充して使用することも可能です。

異なる使い方に対応しており機能性は高いですが、ボタン操作や複雑なメンテナンスは不要で初心者の方でも扱いやすいです。

「まずは手軽に試せるデバイスを探している!」といった方だけでなく、「本格的に電子タバコを初めてみたい!」といった方にもオススメです。

Air mist

製品情報
【種類】  :本体使い捨てタイプ
【本体価格】:2,200円
【出力調整】:ー
【バッテリー容量】:ー


機能性    :3.0
持ち運びやすさ:4.5
使いやすさ  :5.0


『Air mist』は使い捨てタイプのデバイスで、メンテナンスやボタン操作・リキッドの補充などが一切不要です。

使い捨てタイプの電子タバコは味が薄いものも多いのですが、『Air mist』は最後まで濃い味を楽しむことができます
販売されているフレーバーは6種類と少ないですが、レモンやマスカットなど人気の高いフルーツ系フレーバーが取り揃えられています。

デバイス本体の値段が安いので、「まずは手軽に始められる値段の安いデバイスを探している!」といった方にオススメです。

Vapengin7500

製品情報
【種類】  :本体使い捨てタイプ
【本体価格】:3.980円
【出力調整】:ー
【バッテリー容量】:ー


機能性    :3.5
持ち運びやすさ:4.0
使いやすさ  :5.0


『Vapengin7500』は使い捨てタイプのデバイスで、メンテナンスやボタン操作・リキッドの補充などが一切不要です。

使い捨てタイプのデバイスは使い終わったらデバイス毎買い換える必要がありますが、『Vapengin7500』は吸引回数が多く長持ちするのでコスパが良いです。

また販売されているフレーバーは13種類と多く、自分に合った味を選びやすいという特徴があります。

機能性を重視したい方におすすめのデバイス

次に爆煙向きのものや出力調整機能が搭載されている機能性が高いデバイスを紹介したいと思います。
おすすめのデバイスが下記の通りです。

商品名画像レビュー種類本体価格出力調整バッテリー容量機能性持ち運びやすさ使いやすさ
iStick Pico Plus多彩な出力モード搭載で爆煙にも対応。
カスタム性が高くベイプ初心者〜上級者まで幅広く人気が高い。
ボックス型6,480円可能3,000mAh5.03.53.5
L200 Aegis Legend 2防塵・防水性能が高く頑丈。
超高出力で爆煙を楽しみたい方におすすめ。
ボックス型9,700円可能2,500mAh5.03.03.5
Veco One Plusバッテリー・タンクが大容量で長時間の使用に向いている。
かなりの爆煙を楽しめる。
ペン型6,900円3,300mAh4.05.04.0
Aspire Favostix大容量バッテリーで充電が切れにくい。
出力調整機能が搭載されており、爆煙を楽しめる。
POD型3,980円可能1,000mAh4.04.54.5
TARLESS PLUSリキッドを入れやすい構造でメンテナンスがしやすい。
プルーム・テックのタバコカプセルに対応。
POD型4,480円900mAh4.04.54.0

iStick Pico Plus

製品情報
【種類】  :ボックス型
【本体価格】:6,480円
【出力調整】:可能
【バッテリー容量】:3,000mAh


機能性    :5.0
持ち運びやすさ:3.5
使いやすさ  :3.5


『iStick Pico Plus』はボックス型のデバイスで、バッテリー容量が大きく多彩な出力調整機能が搭載されています。

煙量を調整できる「VWモード」や、コイルの温度を調整してリキッドの味わいを変えられる「TCモード」などの調整機能が搭載されており機能性・カスタム性が非常に高いです。

機能性の高さもあって、電子タバコ初心者から上級者まで幅広い層から人気の高いデバイスです。

L200 Aegis Legend 2

製品情報
【種類】  :ボックス型
【本体価格】:9,700円
【出力調整】:可能
【バッテリー容量】:2,500mAh


機能性    :5.0
持ち運びやすさ:3.0
使いやすさ  :3.5


『L200 Aegis Legend 2』はボックス型のデバイスで、防塵・防水性能が高く頑丈な作りになっています。

サイズは少し大きめですが、デバイスの作りが頑丈でアウトドアシーンでも安心して吸うことができるという特徴があります。
また出力調整機能が搭載されており、他のデバイスと比べて爆煙向きの調整が可能なので「とにかく爆煙を楽しみたい!」といった方にもオススメです。

無骨な本体のデザインも特徴的で人気が高いデバイスです。

VAPORESSO Veco One Plus

製品情報
【種類】  :ペン型
【本体価格】:6,900円
【出力調整】:ー
【バッテリー容量】:3,300mAh


機能性    :4.0
持ち運びやすさ:5.0
使いやすさ  :4.0


『Vaporesso Veco One Plus』はペン型のデバイスで、従来の同シリーズのデバイスと比べてバッテリー容量が2倍となっています。

ペン型で持ち運びやすいデザインとなっており、バッテリー容量も大きいので「外出時に持ち運んで使用したい!」といった方にオススメです。

細かい出力調整はできませんが、爆煙向きの出力なので爆煙を楽しみたい方にもオススメです。

Aspire Favostix

製品情報
【種類】  :POD型
【本体価格】:3,980円
【出力調整】:可能
【バッテリー容量】:1,000mAh


機能性    :4.0
持ち運びやすさ:4.5
使いやすさ  :4.5


『Aspire Favostix』はPOD型のデバイスですが、あらかじめリキッドが充填されたカートリッジ(POD)を使用するのではなく自分でリキッドをカートリッジに補充して使用します。

自分でリキッドを補充する必要はありますが、様々なメーカーから販売されているリキッドから好みにあったものを選ぶことができます。
また2種類のPODを付け替えることでリキッドの味わいや煙量の調整が可能です。

出力調整機能も搭載されており機能性が非常に高いデバイスです。

TARLESS PLUS

製品情報
【種類】  :POD型
【本体価格】:4,480円
【出力調整】:ー
【バッテリー容量】:900mAh


機能性    :4.0
持ち運びやすさ:4.5
使いやすさ  :4.0


『TARLESS PLUS』は先ほどの『Aspire Favostix』と同じく、POD型のデバイスですが自分でリキッドをカートリッジに補充して使用します。

またプルーム・テックのタバコカプセルに対応しており、2つのモードを切り替えることで加熱式タバコとしても電子タバコとしても楽しむことが可能で、加熱式タバコとの併用を考えている方にオススメです。

またバッテリー容量が大きく充電が切れにくいという特徴があります。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

電子タバコの特徴・選び方・おすすめデバイスのまとめ!

本記事では電子タバコの特徴やメリット・選び方・おすすめデバイスを紹介しました。
是非デバイスを選ぶ際の参考にして下さい。

電子タバコのメリットまとめ
・健康被害や臭いを抑えられる
・禁煙時のサポートグッズとして使用できる
・コスパが良くタバコ代の節約に繋がる
選び方のポイントまとめ
・デバイスの種類
・デバイスの機能
・機能性と使いやすさ
・バッテリー容量

どのデバイスを購入すればいいか分からない方は「機能性を重視する?」「使いやすさを重視する?」「味やフレーバーはどうか?」などの基準で選ぶのがオススメです!

デバイスによって機能性や使いやすさが違うので、是非自分に合った商品を探してみてください!

タイトルとURLをコピーしました